抵抗点溶接における基礎的実験 -電極チップ形状と継手特性との関係-

URI http://repository.tsuyama-ct.ac.jp/metadata/504
FulltextURL
Title
抵抗点溶接における基礎的実験 -電極チップ形状と継手特性との関係-
Title Alternative
Fundamental Experiment on Resistance Spot Welding -Welded Joints Properties and Various Shapes of Electrode Tip-
Author
著者 山口 常昭
著者(別表記) Yamaguchi Tsuneaki
著者 藤原 敏
著者(別表記) Fujiwara Satoshi
著者 上田 達男
著者(別表記) Ueda Tatsuo
Abstract

現在,一般に使用されている電極としてのR形,F形チップと,中根らにより開発されたN形チップについて標準的な条件で溶接を行ない,電極が継手特性に及ぼす影響について検討した。その結果,ナゲット径は一部の例外を除けばN形が最も大きく,ついでF,Rの順となる。さらに溶接部の圧痕については,R,F形とも通電時間が長くなるにつれてクボミ深さは増加するが, N形のみは通電時聞が増すとクボミから盛上りへと変化することなどが明らかとなった。

Subject
560 Metal and mining engineering
Publish Date
1980-10-15
Publication Title
津山工業高等専門学校紀要
Publication Title Alternative
Bulletin of Tsuyama National College of Technology
Volume
18
Start Page
73
End Page
83
ISSN
0287-7066
NCID
AN00149351
Publisher
津山工業高等専門学校
Official URL
Contents Type
Departmental Bulletin Paper
language
Japanese
File Version
publisher